ホテル不足 京都建設ラッシュ

2-2%e4%ba%ac%e9%83%bd

2020年、京都市内で足りなくなる
ホテルの部屋の数は1万室にのぼるといわれています。

部屋不足解消に向け、
京都市内では建設ラッシュが進んでいます。

JR西日本はきょう京都駅の南側・
八条口から徒歩2分の場所に
新たなホテルを建設すると発表しました。

その数は2つ。
高価格帯と中級の価格帯のホテルを建設します。
部屋数は合わせて、およそ900室。
2019年春ごろの開業を予定します。

ここまで一気に投資を進める理由。
それは、京都市内で起こっているホテル不足です。

【JR西】
「インバウンド含め外国からの客が
京都にも来ている。夜中でも駅に結構いる
リスクもあるがまだまだ需要はある」

京都・南座に程近い雑居ビルに
昨年末、オープンしたこのホテル。

広さおよそ90平方メートルの空間には
小説や漫画、ビジネス書など3500冊、
その本棚に20床のベッドルームが
埋め込まれた簡易宿泊施設です。

本の購入はできませんが
宿泊すれば全て読み放題。
共同の洗面台やシャワールームも
完備されていて
1泊あたり4800円からです。

若い女性を中心に人気を集め
週末には満室になる日も。

【担当者】
「本をツールとして泊まっている宿泊者同士で
仲良くなってもらったり、遊びに行ったりとか、
コミュニケーションを取り合ってもらうのも
楽しみの一つかなと」】