トップページへ

朝日新聞阪神支局 襲撃30年

5.3アサヒ

記者2人が死傷した、
朝日新聞・阪神支局襲撃事件から
きょうで丸30年。
支局には拝礼所が設けられ、
亡くなった記者を偲ぶ人たちが訪れました。

事件が起きたのは、
1987年5月3日の夜、
兵庫県・西宮市の朝日新聞・阪神支局に
散弾銃を持った男が押し入り
当時29歳だった
小尻知博(こじり・ともひろ)記者が
殺害されました。

きょうは、午前9時から
支局に拝礼所が設けられ、
大勢の人たちが故人を悼み
祈りをささげました。

犯人は捕まっておらず事件は未解決のまま
15年前に時効を迎えました。
支局の3階では事件の傷跡が残る衣服や
銃撃によってへこんだ
ボールペンなどが展示され、
事件の記憶を今に 伝えていました。