トップページへ

無許可で土砂搬入 僧侶ら逮捕

5.16土砂

河内長野市の山の中に
無許可で土砂を運び込んだ疑いで
警察はきょう、
宗教法人の幹部ら6人を逮捕しました。

逮捕されたのは、
宗教法人
「成田山不動院」の僧侶、
坂田義明(さかた よしあき)容疑者と
大阪旭区の「松尚建設」の役員,
松島募(まつしまつのる)容疑者ら6人です。

調べによりますと坂田容疑者らは
去年8月から9月にかけて、
河内長野市の砂防指定地にある
成田山不動院の敷地に
無許可で大量の土砂を運び込み、
約6600平方メートルにわたり
地形を変えるなどした疑いです。

去年9月にはこの土砂が崩れて
川に流れ込み
水道水が一時制限される事態も起きています。
調べに対し坂田容疑者は

「許認可については建設会社がやっていると
思った」

と容疑を否認しているということです。