トップページへ

殺人容疑で孫を再逮捕 神戸

7.17神戸

きのう、神戸市北区の民家で
5人が死傷した事件で、
兵庫県警は銃刀法違反容疑で逮捕した
26歳の男を殺人容疑で再逮捕しました

神戸市北区の民家からの通報で
警察官がかけつけると
家の玄関先で
南部達夫さんが倒れており
室内では妻の観雪さんが、
さらにおよそ50メートル離れた駐車場で
辻やゑ子さんがいずれも刃物で
刺されるなどして
死亡しているのが発見されました。

南部さんと同居する
娘の竹島知子さんら女性2人も
重傷を負って病院に運ばれました。

通報からおよそ15分後、
南部さんの家から
およそ250メートル離れた神社で、
血のついた包丁と金属バットを
持っていたとして
南部さんの孫で無職の
竹島叶実容疑者が銃刀法違反容疑で
逮捕されました。

竹島容疑者は短時間でつぎつぎと
親族や近所の人を襲ったとみられており
きょう、祖父の達夫さん
殺害の疑いで再逮捕されました

竹島容疑者はきのう
「誰でもいいから刺してやろうと
思った」
などと供述していましたが、
現在は取調べに対し
黙秘しているということです。

母親の知子さんは警察の事情聴取に
「物音がしたので見に行ったら、
息子が達夫さんを
金属バットで殴っていた。
とめようとしたら襲ってきた」
と話しているということです。

警察は叶実容疑者が5人を
襲った動機などを捜査しています。