トップページへ

阪大生の弟が兄を刺し逮捕

1.30 阪大生

兵庫・三田市の住宅で同居する兄を
包丁で刺したとして
大阪大学の学生が殺人未遂の疑いで
現行犯逮捕されました。
兄はその後、死亡しており
警察は、容疑を殺人に
切り替えて捜査しています。

逮捕されたのは、
大阪大学4年の
細谷早志(ほそたに・そうし)
容疑者22才です。

調べによりますとけさ4時すぎ
兵庫・三田市の住宅で
「兄弟がケンカをしている」
と母親から通報があり

警察が駆けつけると
早志容疑者の兄で大阪経済大学の大学院生
竜己(たつき)さん28才が
血だらけで倒れているのが見つかり
病院に運ばれましたが
まもなく死亡が確認されました。

現場で包丁を持っていた
早志容疑者は調べに対し
「お兄ちゃんを
殺そうと思い刺した」と
容疑を認めています。

この家は、兄弟と両親の4人暮らしで
両親によると
「寝室が隣同士で物音のことでよく
トラブルがあった」
と話しているということです。