トップページへ

在外被爆者訴訟 訴え棄却

1.31在外

広島、長崎で被爆し、
その後日本を出国した在外被爆者らが
国に損害賠償を求めた集団訴訟。

きょうの判決で大阪地裁は、
「被爆者らが死亡してから
20年が経過しており
賠償請求権は消滅している」
などとして、
原告らの訴えを棄却しました。