トップページへ

別れ話か?自殺の容疑者送検

720送検

先月 大阪府泉佐野市で家族3人が刃物で刺され
父と娘が殺害された事件で、
警察は 娘の交際相手で事件直後に自殺した男を
容疑者死亡のまま書類送検しました。

殺人などの疑いで書類送検されたのは、
兵庫県西宮市の松浦弘樹(まつうら ひろき)容疑者です。
調べによりますと松浦容疑者は先月13日未明、
泉佐野市の住宅の2階にはしごを掛けて侵入し、
交際相手だった山田美穂(やまだ みほ)さんと
父親の米一(よねいち)さんを包丁で刺して殺害し、
母親にも重傷を負わせた疑いが持たれています。
松浦容疑者は、事件直後に現場近くの病院から
飛び降り自殺しました。

美穂さんは母親に、松浦容疑者が束縛や嫉妬心が強く
別れたいと相談をしていたことから、
警察は、松浦容疑者が別れ話を持ち掛けられたため
犯行に及んだとみています。