トップページへ

大阪の世界遺産 またも見送り

725百舌鳥

2018年の世界文化遺産登録の候補地選びで
大阪府の 百舌鳥・古市古墳群は
またも見送りとなりました。

国の文化審議会は2018年の世界文化遺産
登録を目指し、長崎の「教会群とキリスト教関連遺産」を
ユネスコに推薦することを決めました。

一方、大阪府の百舌鳥・古市古墳群は
3度目の挑戦でしたが見送りとなりました

文化庁は理由として「普遍的価値の説明が不十分」
と指摘しました。
大阪府は近畿2府4県で唯一世界遺産がなく
地元の期待が膨らんでいました。