府立病院 補助金を裏口座に

728病院不正

大阪府立の2つの病院が府からの補助金
およそ1280万円を幹部名義などの
「裏口座」に入金していたことがわかりました。

【大阪府立病院機構】
「機構としても重く受け止めておりまして、
徹底的に会計ルールの明確化を図る」

府からの補助金を不適切な方法で会計処理していたのは
大阪・住吉区にある急性期・総合医療センターと
和泉(いずみ)市にある母子保健総合医療センターの
2つの病院です。

2つの病院は過去10年間で府からの補助金
およそ1280万円を幹部名義など
4つの個人口座にプールしていました。

病院を運営する「府立病院機構」は
プールされた補助金は業務に必要な経費に
使われ私的流用はなかったとしていますが、

個人口座に入金されていたことなど
不可解な点が残ります。

「府立病院機構」は不適切な会計処理をした
診療科の部長らを厳重注意しました。