トップページへ

歴代役員16人に賠償求める

729東洋

東洋ゴム工業による
免震ゴム性能データ改ざん事件に絡み、
個人株主が歴代の役員16人に対して
総額24億円を会社へ賠償するよう求める
株主代表訴訟を起こしました。

訴えによりますと、断熱パネルの性能偽装が
発覚した2007年には、
免震ゴムにも同様の問題が認識でき、
さらに歴代の役員は社員の不正について
注意を怠ったと主張しています。