トップページへ

衣装ケース乳児遺棄 認める

801衣装ケース

大阪・吹田市のアパートで
衣装ケースの中から乳児の遺体が
見つかった事件で、
死体遺棄の罪に問われている
母親の白土勇気(しらつち・ゆうき)被告の
初公判が開かれ、
勇気被告は起訴内容を認めました。
検察によりますと勇気被告は、
自宅で男の子を出産しましたが
出生届けを出さず、2日後に死亡させました。
さらに、父親の憲昭(のりあき)被告と共謀し、
遺体を衣装ケースに入れ、
自宅やガレージなどに
隠していたということです。

勇気被告は憲昭被告と共に
保護責任者遺棄致死の
疑いでも逮捕されましたが、
嫌疑不十分で不起訴となっています。