トップページへ

廃棄物 撤去作業始まる

801ダイオキシン

大阪府能勢(のせ)町と、
豊能(とよの)町でつくる
環境施設組合が
高濃度ダイオキシンを含む
廃棄物を神戸市に無断で
埋め立てた問題で、
きょう廃棄物の撤去にむけた準備作業が
はじまりました。

神戸市によりますときょうの作業は
有害物質が飛び散るのを防ぐため、
囲いを設け、水をかけるなどし
土の中の廃棄物の一部を
掘り起こしたということです。

作業は明日以降も続けられ
廃棄物を袋詰めで 保管した後、
5日から搬出を始める予定です。
組合側は10日までに仮保管予定地の
大阪・豊能(とよの)町内の
山林へ移し終えるとしています。