トップページへ

体長5m!巨大サメを解剖

811解剖

大阪市港区の海遊館で
地元の中高生が参加した
世にも珍しい巨大ザメの解剖が
行われました。

解剖するのは体長5mの
「メガマウスザメ」。
名前の通り、大きな口が特徴です。
ことしの4月に三重県で発見され
冷凍保存されていました。

見て、触って大きさを測って!
普段出来ない体験に、
生徒達は大興奮でした。