トップページへ

福知山花火事故から3年

815福知山

京都府福知山市(ふくちやまし)の
花火大会で3人が亡くなった
爆発事故からきょうで丸3年です。

現場の献花台には被害者の家族らが
花を手向けていました。

この事故は3年前、花火大会の会場で
露天商(ろてんしょう)が持っていた缶から
ガソリンが吹き出して引火・爆発し
男女3人が死亡、55人が重軽傷を
負ったものです。

きょうは福知山市の市長や
被害者の家族らが現場の河川敷を訪れ
花を手向けました。

今月21日に地元のNPO法人が
花火大会を実施する予定で
被害者からは「早すぎる」と言った
声も出ています。