トップページへ

高山勝成 6度目の世界王座

820ボクシング

国内最年少世界王者誕生か、
それとも、6度目の世界王座奪取か、
きょう兵庫県三田市で注目の
ボクシング世界戦が行われました。

勝てば29年ぶりに
国内最年少記録を更新する
18歳加納 陸(かのう りく)、
対するは16度目の世界戦、
33歳 高山勝成(たかやま かつなり)。
注目のWBO世界ミニマム級王座決定戦。

試合は序盤から激しい打ち合いに。

第3ラウンドには
高山がまぶたの上を切り流血。

それでもフットワークと手数に勝る高山が
ペースを掴みつつあった中盤・・・、
高山の傷にドクターストップが・・。
第6ラウンド、負傷判定で、
それまで優勢だった
高山が新王者になりました。