HOME>新人紹介(SHINJINジャー5)

新人紹介(SHINJINジャー5)

技術部

制作技術部

SHINJINジャー隊員所証 方 辰

Q.TVOを志望した理由は?

TVOの看板番組「和風総本家」を通じて、日本文化の素晴らしさを心から感じられました。
そして自分は家族がテレビ関係の仕事をしていたため幼い頃から番組の制作に触れていたので、好きな番組を作ることができるテレビ局に入りたいと思いました。

Q.学生時代に頑張ったこと

高校時代にロボコンに夢中になって、大学1年目には地球科学専攻所属、2年から4年目に自動車工学専攻、そして大学院時代には航空宇宙工学を勉強しました。
学生時代に自分が一番頑張ったのは、必死に新しい物事を体験・挑戦することですね。

Q.TVOに入社して驚いたこと

社員が少なすぎ!(笑)「そのぐらいの人数で本当に日々の放送を回せるのか?」そういう疑問を抱いて入社しました。しかし、実際に先輩たちが仕事をする姿を見て、すぐ納得できました。いわゆる少数精鋭の会社で働くのは個人が成長するうえで、本当にたくさんのメリットがあります!20代のうちに自分の分野において一騎当千の猛将まで成長するのも夢ではありません。

Q.仕事でやりがいを感じること

方辰1
自分が携わった番組(「ニュースリアル」の企画中継など)の視聴率が前日よりちょい上がるとき。例え視聴率がたった0.1パーセント上がったとしても、自分の努力でより多くの人に見てもらえる、そう考えると、自然にやる気が出てきました。

Q.仕事で失敗したこと

方辰2
失敗したら、放送事故が起こる。技術は最終の放送に直接関わるので、基本的に失敗が許されません。「天神祭生中継」の天満宮参道中継のとき、伝送機材の使い方を事前に勉強していなかったので、リハーサル中に急に機械にエラーが出た際に結構焦ってしまいました。結局先輩がフォローしてくれて無事に解決しました。やはり前もって準備しないと、スムーズに本番を迎えることが難しいですね。

Q.初任給でコレを買いました

当初は初任給で洗濯機、冷蔵庫など生活に必要な家電の爆買を考えていましたが、結局個人趣味に負けて、
MIDIキーボード、高級なモニタリングヘッドホンを買っちゃいました。(苦笑)

Q.仕事でピンチのときや、落ち込んだときの必殺技

必殺ドラム

「必殺ドラム」(解説)
音楽と運動がうまく融合する楽器といえば、ドラムです。
曲のリズムに合わせて叩くとき、その爽快感がストレス解消に効果抜群です。
汗をかきながら、落ち込んだとき溜まった感覚はあっという間に雲消霧散します。
因みに、今住んでいるマンションは防音性があんまり良くないので、スティックで空振りしかできません。。。

リレー形式で同期へのメッセージ
(感謝、励まし、要望など)方→林

スポーツ部 林くんへ
半年間お疲れ様でした!
お互いに早く一人前になって、来年のプロ野球とツーリングカー選手権中継も一緒に頑張ろう!

スポーツ部

スポーツ部

SHINJINジャー隊員所証 林 知宏

Q.TVOを志望した理由は?

1 大人になっても自分が大好きなもの(テレビ)に関わる仕事がしたかったから。

2 生まれてからずっと住んでいる関西に愛着があり、そこで働きたかったから。

3 TVOには他局にないユニークな発想で人気を博している番組がたくさんあるから。(特に「THE FISHING」は私の学生時代の釣り活動の参考にさせていただきました。)

Q.学生時代に頑張ったこと

大学で所属していた「体育会釣り部」で、日本全国津々浦々様々な魚を釣りに行きました。長期休暇に沖縄の久米島や島根の隠岐といった有名スポットに赴き、釣った魚と現地の名産品を食していました。(場所によってサイズや魚種など競うものは変わるのですが、一番大物が釣れたのは地元の野池で釣ったライギョでした...)
また、「体育会」というだけあって釣りに必要な体力づくりのためのトレーニングも行っていました。(大物と長期戦になったときのために腕力を鍛える腕立て伏せ、渓流釣りを行う川で身体を流されないように足腰を鍛えるランニング・筋トレなど)

Q.TVOに入社して驚いたこと

一年目から大事な戦力として扱ってもらえることです。私はスポーツ部に所属していますが、野球のニュース制作では主に阪神タイガースの試合を担当させていただきました。
また、野球中継においてはスコアラーやフロアディレクターといったポジションを任されましたし、バスケットボールの「Bリーグ」開幕に合わせて「大阪エヴェッサ」の特集にも挑戦させていただきました。
もちろん、最初は分からないことだらけなので先輩の助けを借りることは多いですが、自分の考えもしっかり配慮してくれるので、キャリア関係なく一人ひとりの役割がとても大きい会社だと実感しています。

Q.仕事でやりがいを感じること

林 知宏1
スポーツニュース番組(テレビ東京「SPORTSウォッチャー」)で、自分が担当した試合をお茶の間の視聴者に届けることです。3時間近くの野球の試合を30秒にまとめようとすると、選択するシーンも記者によって異なります。
だから、私が試合の中でどうしても伝えたい選手やプレーを自分で選び、自分の言葉でニュースにするという作業は、私の想いを全国に発信できるという意味で、何物にも代え難いやりがいを感じます。
会社や自宅で私が担当したニュースを見たときは、思わず笑みがこぼれてしまいます。(言い回しが変えられていたり、手が加えられていたときは、原稿の何が悪かったかを反省して次に活かすようにしています...)

Q.仕事で失敗したこと

林 知宏2
甲子園での伝統の一戦「阪神―巨人」の試合前取材時に、巨人の先発だったマイコラス投手がグラウンド入りするところをカメラに収めようとしたにも関わらず、勘違いで別の投手(中継ぎのマシソン)を撮影してしまいました。
気付いてからすぐに本物のマイコラスを追いかけたものの見つからず…
ニュース作成に直接的な影響はなかったものの、各球団の選手の特徴をしっかり把握した上で取材に臨まないとプロ野球の記者は務まらないと感じた出来事でした。

Q.初任給でコレを買いました

まず、地元姫路で家族にご馳走しました!
(祝い事でしか行けなかった寿司屋や焼肉屋で親にはたらふく食べてもらいました。)
それから、高校や大学の友人と大阪の名店をリサーチし食べに行きました!!
残りは同期とのご飯や飲み会に使いました!!!
(食べてばかりですみません...)

Q.仕事でピンチのときや、落ち込んだときの必殺技

必殺リカバリーリスニング

「必殺リカバリーリスニング」 (解説)
落ち込んだときやパニックになったときは一にも二にも音楽を聴いて精神を落ち着かせます。
まず、お気に入りのアーティスト(Perfume・きゃりーぱみゅぱみゅ)の曲を聴くことが多いですが、仕事で失敗して揺らいだ自信を取り戻すには、格闘技のテーマソングが効果的です。
好きな格闘家の入場曲(桜庭和志の「SPEED TK RE-MIX」、ヴァンダレイ・シウバの「Sandstorm」など)を聴いて心の中でその格闘家になりきると、次第にテンションが上がってきて、嫌なことも忘れ気持ちを切り替えられます。
(同様のなりきり術として、アーティストのライブ映像などをスマホで視聴する事もあります。)

リレー形式で同期へのメッセージ
(感謝、励まし、要望など)坂井→井ノ下

報道部 坂井くんへ
『ニュースリアルKANSAI』の取材や編集に毎日走り回っている姿を見かけると、本当に凄い男だなと感嘆する一方で、自分も負けていられないという気持ちも募ってきます。
同じ「報道局」に所属している身として切磋琢磨していきたいです。
この前一緒にご飯を食べたときに、報道部の忙しさを僕に話してくれましたが、それは坂井が一人前の記者として周囲から信頼されている証なんだと思います。
だから、僕の目標・ライバルとしてこれからも報道部で頑張ってほしいです。
(もちろん自分の身体・健康が一番大事なので、決して無理はしないでください) 仕事の愚痴はいくらでも聞くので、また今度飲みに行きましょう!

報道部

報道部

SHINJINジャー隊員所証 坂井 耀一郎

Q.TVOを志望した理由は?

学生時代、お笑いやドラマを一番みていたチャンネルでした。就職活動で新聞社と迷いましたが映像で仕事することに憧れ入社しました。

Q.学生時代に頑張ったこと

映画にどっぷり浸かりました。映画を撮ったり・出演したり・見たり。(授業はあまり出ていない記憶) 6大学と共同して映画祭を主催し、貯金をはたいて自主映画を撮ったり、充実していました。

Q.TVOに入社して驚いたこと

新人に任される仕事の大きさです。すぐ現場に出してもらえました。プレッシャーも半端じゃないですが、やりがいはあると思います。

Q.仕事でやりがいを感じること

坂井耀一郎1
原稿や取材・VTR演出の内容で怒られる時です。
正直、凹みますが、新人の僕にも対等に「お前は事件をどう感じたか」などと言ってくださる先輩・上司がいることは幸せです。

Q.仕事で失敗したこと

坂井耀一郎2
いろんなルールがあり、知らないままにしていたり、聞かなかったりして怒られることです。原稿ひとつとっても、表現から基本的なところまで、まだまだ未熟だと思います。

Q.初任給でコレを買いました

両親にイタリアンをおごりました。
月並みですが、自分のお金で親にご飯プレゼントできる日が来るとは少し感慨深く、我ながら親孝行ができて有意義な使い方でした。

Q.仕事でピンチのときや、落ち込んだときの必殺技

必殺・体ぐるぐる・キーボード叩き

「必殺・体ぐるぐる・キーボード叩き」 (解説)
原稿が間に合わない時に自分を鼓舞するために体をグルグル回しながらキーボードを打ちます。雑音が気にならなくなり、ロケ車や街でも集中することができます。(できる気になっているだけかも)

リレー形式で同期へのメッセージ
(感謝、励まし、要望など)坂井→井ノ下

営業推進部 井ノ本さんへ
頭がよく、要領もよく、人当たりも私の万倍あると思うので、その魅力を使って営業でガンガン数字・お金・人望を得てください。
同期の中では一番能力が高いと思います。あと、たまに連絡を無視するのはやめてください。傷つきます(笑)

営業推進部

営業推進部

SHINJINジャー隊員所証 井ノ本 桃子

Q.TVOを志望した理由は?

地元大阪で就職したい、小学生にもわかりやすい経済教養バラエティ番組を作りたいと考えていたから。

Q.学生時代に頑張ったこと

中学受験塾で社会科の集団授業講師を4年間務めました。小学生が克己して学問に励む姿に負けてられないと、多くのことを学ばせていただきました。

Q.TVOに入社して驚いたこと

先輩方の個性の強さ。キャラの濃さ。
皆さん小粋なジョークを飛ばされすぎです。

Q.仕事でやりがいを感じること

井ノ本 桃子1
自分の作業が売り上げに繋がったと実感できたときは嬉しいです。

Q.仕事で失敗したこと

井ノ本 桃子2
営業推進部の女帝を前に「あれー?なんか今日優しすぎへん?」と心の声が漏れてしまったこと。

Q.初給料をコレに遣いました

家族でディナーに行きました!

Q.仕事でピンチのときや、落ち込んだときの必殺技

必殺 お菓子の誘惑

「必殺 お菓子の誘惑」(解説)
営業局には常に美味しいお菓子が並んでいて、気付いたらもぐもぐしています。
気分転換やピンチを乗り切るためのエネルギーチャージには打ってつけですね。

リレー形式で同期へのメッセージ
(感謝、励まし、要望など)

事業部 脇本くんへ
「わっきー、すれ違う時もうちょい笑ってほしいな。。。」

脇本

事業部

SHINJINジャー隊員所証 脇本

Q.TVOを志望した理由は?

バラエティ番組が好きで、小さいころからテレビ局で仕事がしたいと考えていました。
数あるテレビ局の中でも、バラエティ色が特殊だと感じたのでテレビ大阪を志望しました。特に「おとな旅あるき旅」は私の好きな番組の一つです。

Q.学生時代に頑張ったこと

海洋系の大学に通っていたので、ヨット部に所属し、毎日のように風を読んでいました。
さわやかな潮風に吹かれながら13時間かけて神戸から徳島まで行き、阿波踊りをみた時は疲労と感動でいっぱいでした。

Q.TVOに入社して驚いたこと

テレビ局が携わっているイベントの多さに驚きました。
特にテレビ大阪では、1年間で60以上(2016年度)のイベントに関わっています。
番組の宣伝や、地域の活性化などに大きく力を入れているのは学生の頃では想像もしていないことでした。

Q.仕事でやりがいを感じること


イベントの来場者の笑顔を見たときです。2016年9月に開催された「YATAIフェス!2016」に来場していた方々の多くが楽しそうにステージを観て、おいしそうにグルメを堪能していました。
イベントは来場者の笑顔を直接見ることが出来るので、テレビとはまた違ったやりがいがあるのではないかなと思います。

Q.仕事で失敗したこと


たくさんありますが、「キッズ・ザ・サーカスJAPAN」というイベントで製作したオリジナルTシャツの納品場所を間違えたことです。
テレビ大阪に持ってこなければならないところ会場のATCホールに納品してしまいました。不注意からのミスが多く、周りにもご迷惑をかけてしまっているので、気を引き締めていきたいです。

Q.初任給でコレを買いました

人生で始めて腕時計を購入しました。
ブランドを身にまとってより社会人としての自覚が芽生えるきっかけになりました。まだまだですが、

Q.仕事でピンチのときや、落ち込んだときの必殺技

「必殺チーズ食べ」 (解説)
休みの日には必ず行く、行き着けのピザ屋さんで白カビチーズを食べるのが至福のひと時。白カビチーズを食べて、マルゲリータを食べて、クワトロフォルマッジを食べて。
チーズ三昧時間があればどんなに疲れていても復活し、体力を養います。

「必殺カラオケ」 (解説)
一人でも何人でもカラオケに行けば、ストレス発散!採点では高い点数が出るんですが、聞いている方々はいまいちな顔。でも楽しければいいんです。

リレー形式で同期へのメッセージ
(感謝、励まし、要望など)脇本→方

制作技術部 方くんへ
仕事やプライベートのことで方くんにしか頼れないことがたくさんあります。
方くんも何か悩みがあるならいつでも頼って!一緒に頑張りましょう