HOME>徳地英孝の上海支局Life

徳地英孝の上海支局Life 交流人事でテレビ東京に出向、上海支部に駐在中!

Q. 上海支局ってどんなところ?

支局の規模は小さくて、総勢7名が働いています。
記者兼ディレクターが、テレビ東京から赴任の支局長と私。
ほかにカメラマン1名、中国人アシスタント3名、中国人ドライバー1名です。

Q. どんなお仕事をしていますか?

主に「ワールドビジネスサテライト」をはじめとするニュース番組への出稿と特集制作をしています。
そしてテレビ東京系列の経済3番組「ガイアの夜明け」「未来世紀ジパング」「カンブリア宮殿」の制作やヘルプです。
上海支局という名称ですが、カバー範囲は中国全土と東南アジア、時には中東地域にも及びます。大きな事件事故、特に経済的な案件が発生した場合は取材に飛んで行きます!  
また機会は少ないですが、報道だけでなくバラエティーやスポーツ番組の上海ロケをお手伝いすることもあります。


Q. 上海生活で、驚いたことを教えてください。

凄まじいスピードで発展を遂げた中国ですが、深刻なのが地域格差の拡大です。
大都市北京や上海では食事やスーパーの会計もスマホ片手に電子決済が当たり前。
さらには買い物の中心が実店舗から通販に大きくシフト。
なんと高級車も通販で公式販売されていて、1500万円もするイタリアの高級車マセラティの新型SUVが発売開始18秒で100台売れたそうです…
一方で、ほとんどの住民がガラケーさえ持たず、銀行口座もない状態の地方の農村もまだまだたくさんあります。
政府の鶴の一声で一気に変革が起きる中国ですが、とにかく広すぎるがゆえに波及には差が生まれる…
だからこそリアルタイムな変化が随所で見られる。
驚きに満ちた国です。

Q. 上海に住んでいて良かった!と思える経験を教えてください。

2016年6月にオープンした上海ディズニーランド。
東京ディズニーリゾートと比較すると“夢の国”感はゼロに近いですが、
アトラクションは充実していてハイテク感はなかなかのものです。
で、空いています。
人気アトラクションでも1時間並べば乗れます。穴場です。