上海Life 交流人事でテレビ東京に出向、上海支局に滞在中!上海支局Life

谷口康輔 交流人事でテレビ東京に出向、上海支局に滞在中! 谷口康輔

上海支局ってどんなところ?
中国は非常に大きな国ですが、急激に大都市化し、いまも国家経済の中心地となっているのが上海です。
その中心地の一角に、支局があります。
どんな仕事をしていますか?
中国を中心としたアジアのニュースを取材し、放送につなげています。
たとえば中国の人にインタビューをしたら、原稿を書くほかにも、映像を支局内で編集して、東京の本社に送る仕事などがあります。
これらの仕事は日本でも同じです。
では上海支局の特徴は…?というと、「担当エリア」の特別さです。
かつては“アジアの世紀”ともてはやされたり、いまは“経済停滞期”とも言われたり…
栄枯盛衰の移り変わりがとてもダイナミックなのが、
担当エリアである中国を中心とするアジア地域です。
そんなアジアの実情、日本の視聴者が知らないこともまだまだたくさんあります。
それをテレビという映像メディアによって、分かりやすく、
生き生きと伝える役目を担うのが、上海支局の最大の特徴だと思います。
上海生活で、驚いたことを教えてください。
欧米、東南アジア、ロシア、インドなど、実にさまざまな国籍の人が集まっていることに驚きました。
こちらで知り合ったアメリカ人に言わせると、「アジアで一番国際的」「ニューヨークのよう」だそうです。
それでも、大通りから一本わき道に入ると外国人の姿が消え、貧しい中国人たちが肩を寄せ合って暮らす地域もまだまだあります。
道にはゴミが散らばり、何かが腐ったような臭いが鼻をつくこともあります。
上海に駐在して良かった!と思える経験を教えてください。
中国では、どんなレストランや屋台のごはんでも、すぐに格安で出前をしてくれる“外売(ワイマイ)”というサービスがあります。
仕事が忙しいとき、出かけるのがおっくうなときでも、いつも好きなものを食べられるのは、日本には無い良さかなあ、と思います。
モーニングサテライト、
ゆうがたサテライト、WBS放送「仮想通貨」特集
中国では仮想通貨の取引が“バブル化”。
毎週のように開かれる仮想通貨イベントを取材し、投資家の熱気に触れました。
WBSサンデー「HYIP」特集
「HYIP」という超高配当の投資商品をめぐるトラブルを追って、日本と中国で取材をしました。
インタビューに答える2人の男性は、「中国版HYIP」で出資金が返ってこないと訴えていました。
WBS「ボルボ電動化」ニュース
大手自動車メーカーのなかで、いち早く“電動専業”を打ち出したボルボ。
電気自動車の最大のマーケットである中国・上海で、販売イベントが開かれました。