営業局・営業部 山田 奈央子

TVOを志望した理由は?

誰かの生活に影響を与える仕事をしたいと思ったからです。

私自身、テレビからとてつもない影響を受けて育ってきたので、テレビに関わる仕事を志望しました。

また、学生時代から親しみを持っていた局だったので、ここで働きたいと思いました。

TVOに入社して驚いたこと

出会ったことのない個性的な人がたくさんいました。

先輩方の強烈エピソードに笑い&驚きが止まりません…

営業部のお仕事とは?
その中で私はこんな仕事をしています。

テレビ局はCMの放送枠(時間)に値付けをして、広告主へ販売しています。
広告主はWEBや他局など、様々な媒体を活用して広告・宣伝を行います。
そこで、多数の媒体社の中から「テレビ大阪」を選んでいただくために、CMプランや番組企画をご提案します。

営業部はクライアントや広告代理店へ赴いて、コミュニケーションを取りながらクライアントニーズを探ります。
様々なニーズに対してテレビ大阪は何ができるのかを考え、Win-Winの関係を築くことが重要です。

仕事でやりがいを感じること

まだ成果を出せていないので何とも回答が難しいですが…
自分で考えた企画を恐る恐る先輩へ見せた時、 どうすれば実現できるかを一緒に考えてくださいました。

頭の中で描いたものが実現する可能性を感じてワクワクしました。

仕事で失敗したこと

クライアントから「この番組はどんな内容なの?」と聞かれ、オドオドしてしまい、
まずはテレビ大阪のことをちゃんと知らないと…と反省しました。

私の「」なところはココ!

「好きなものへのこだわり」

天竺鼠さんのライブでの1枚です。お笑いが好きすぎて、この笑顔です。

こだわりがプラスに作用することもあれば、マイナスに作用することもありますが…
自分では◎なところだと思っています。

New Face 同期へのメッセージ 
阪谷くんの「」なところ

阪谷くん

外見は柔らか~い雰囲気なのに、芯が通っているところ。
とても◎です。

山田 奈央子 2日間のスケジュール

①平和な1日

7:30 起床
9:00 出社
メールチェックなど
11:00 スポンサー訪問 
番組のご提案
12:00 昼食
13:00 広告代理店 打合せ
15:00 スポンサー訪問
新規スポンサーへTVOの企業説明やCMプランのご提案
17:00 社内打合せ
19:30 退社
20:00 帰宅
録っていた番組を観る・翌日の準備など…
24:00 就寝

②特別な1日【番組ロケ立ち会い】

6:00 起床
7:00 ロケ地へ直行
電車内でメールチェックなど
10:00 到着
ロケ地の下見など
11:30 ロケスタート
14:30 ロケ終了
15:00 遅めの昼食
17:30 帰社
残務処理
19:00 お得意先との会食
22:00 帰宅
24:00 就寝

New Face 同期へのメッセージ 
阪谷くんの「」なところ

阪谷くん

外見は柔らか~い雰囲気なのに、芯が通っているところ。
とても◎です。

営業局・営業推進部 阪谷 基希

TVOを志望した理由は?

関西で働きたい!

テレビ局で働きたい!と思ったので。

TVOに入社して驚いたこと

いい意味で自由な人が多いこと。

若くても責任のある仕事を担当していること。

営業推進部のお仕事とは?
その中で私はこんな仕事をしています。

テレビ局の主な収入源は、スポンサーのCM出稿です。
営業推進部はどのようにスポンサーを獲得するか、といった戦略を考える仕事です。

その中でも私は、視聴率1%・CM1本あたりに値段をつけセールスをするスポットCMの売買を担当しています。

また、スポンサーニーズを叶えるべく、パブリシティのサブも担当しています。

仕事でやりがいを感じること

自分の修正した原稿が放送されたり、自分が決めたCMポジションでCMが流れているのを自宅のTVで見た時。

仕事で失敗したこと

広告代理店へ伝える原稿の〆切を間違えてしまい、制作会社に進行ギリギリで修正を依頼してしまった時。

先輩にサポートして頂き、なんとかなりました・・・

私の「」なところはココ!

私の◎なところは、「ものごとを最後までやりきる」ところだと思います。

テレビ大阪に限らずテレビ局の仕事は時間に追われ、〆切に追われることも多いので、周りに迷惑をかけないよう与えられた仕事をきっちりこなせるようになりたいです。

New Face 同期へのメッセージ 
馬場さんの「」なところ

馬場さん

馬場さんは同期の中で一番「冷静」「真面目」で◎だと思います!
編成の仕事はテレビ局の根幹だと思うので、
馬場さんの的確な判断でTVOを盛り上げて下さい!!

阪谷 基希 2日間のスケジュール

①平和な1日

9:30 出社
10:00 パブリシティ原稿の直しなど
12:00 ランチ
13:00 スポットCMの作案など
14:30 制作会社で映像のチェック
15:00 会議資料の作成や事務作業
17:30 退社
早めに帰宅した日は、車を運転して温泉に行ったり、自転車に乗ってサイクリングをしたりしています。

②特別な1日

8:30 出社
9:30 部会
10:00 編成との会議
12:00 テープの納品~
制作会社でパブリシティのチェック
13:00 ランチ
13:30 広告代理店との打ち合わせ
16:00 帰社
17:30 パブリシティの進行間際で素材トラブル発生とその対応!
19:00 退社
20:00 ドラマ・バラエティ番組などを見る
24:00 就寝

New Face 同期へのメッセージ 
馬場さんの「」なところ

馬場さん

馬場さんは同期の中で一番「冷静」「真面目」で◎だと思います!
編成の仕事はテレビ局の根幹だと思うので、
馬場さんの的確な判断でTVOを盛り上げて下さい!!

事業局事業部 脇本拓弥

事業部のお仕事とは?
その中で私はこんな仕事をしています。

「天神祭うちわ企画」「テレビ大阪YATAIフェス!」「大阪モーターショー」「鉄道博2018」等々、テレビ大阪に関係するイベントの「企画」、「営業」、「イベント告知」、「運営」、「経理」や「細かいお金の動き」から「イベント開催当日のお客様の質問対応」まで様々な角度からイベントを構築します。

担当者によって視点が違えば、力を入れる場所も違います。
しかし、「イベント収益」と「テレビ大阪のブランド力」の向上という事業局共通の最終目標を見据え、イベントにプロデューサー色を加えています。

仕事でやりがいを感じること

「CM」や「チラシ」などイベント告知広告を作ることです。
「CM」や「チラシ」のベースを考え、関係協力会社と共に形を整えていき、思い描いたテーマ通りに仕上がった時、やりがいを感じます。

鉄道博というイベントを担当しており、自分が作ったCMがテレビで流れているのを見たときは感動しました!

近い将来に仕事でチャレンジしたいこと、目指していること

新しいイベントの立ち上げ
2019年度は事業局に配属されて4年目になります。

イベントの企画や運営を経験してきて感じたことから、1からイベントを立ち上げて来場者の笑顔を作り上げて行きたいと考えています。

私の「」なところはココ!

研究(遊び)熱心

休みの日はイベントに行き、他のイベントでお世話になっている出店者にご挨拶したり、見たことない出店者のグルメを堪能したり、しばしば研究(という名目でグルメを楽しんだり、グッズ買ったり)しています。

脇本 拓弥 2日間のスケジュール

①平和な1日

7:30 起床・ニュース確認
9:45 出社 メールチェック
13:00 ランチ
15:00 「大阪モーターショー」打ち合わせ
18:00 社内打ち合わせ
19:00 「鉄道博2018」関係協力会社と会食
24:00 就寝

②特別な1日(テレビ大阪YATAIフェス!)

6:00 大阪城公園 太陽の広場到着
6:30 ステージ演者の楽屋周り整理
8:30 ステージ演者のアテンド、弁当配置、確認
9:00 関係協力会社 1日のスケジュール打ち合わせ
10:00 「テレビ大阪YATAIフェス!」
本番 スタート
17:00 「テレビ大阪YATAIフェス!」
本番 終了  楽屋周り撤収
20:00 会社へ荷物運搬
21:00 「テレビ大阪YATAIフェス!」
協力会社と晩御飯
23:00 就寝

編成局・編成部 馬場春奈

TVOを志望した理由は?

地元大阪の文化とテレビが大好きで、その両方にかかわれる会社で働きたかったからです!
また少数精鋭で自分の働きが形になりやすい環境が、自分に合っていると思いました。

TVOに入社して驚いたこと

一年目でも、一人前級の仕事を任されること。
編成部では自分の作業がそのまま放送で流れてしまうことも多く、間違えられない緊張感のある仕事を任されることもあります。もちろん先輩には十分に助けてもらっていますが、自分で考えて仕事を処理していく力が身についていっていると思います。

編成部のお仕事とは?
その中で私はこんな仕事をしています。

編成部はタイムテーブルの中身を決めている部署。
その中でどの時間にどの番組を放送するかを編成するトラフィック担当と、自社制作番組の骨組みを決めたり視聴率分析をしたりする番組担当に分かれています。

私はトラフィック担当に属して、全社で利用する放送システムにタイムテーブルの情報を登録したり、番組が事故無く正しく放送できるよう運行のケアをしたりしています。

仕事でやりがいを感じること

一年目で目に見える形になる仕事と言えばささやかですが、自分の作成したテロップやフォーマットが無事放送されていることを自宅のテレビで確認したときはやりがいを感じ、純粋にほっとします。

今後成長したら、さらに大きなやりがいを感じられる番組やイベントを制作して、家族に見てもらいたいなと思います。

仕事で失敗したこと

視聴者の状況を考える判断力が未熟だったこと。

私の仕事では、この番組を見て傷つく人はいないか、誤解する人はいないか、など、画面の向こうにいる大勢の視聴者の気持ちに立って、番組放送の可否を判断する機会が多々あります。

特に災害発生時は細心の注意を払いますが、自分の判断は甘かったと反省することも多く、日々勉強しています。

私の「」なところはココ!

仕事終わりの同期会!皆明るく楽しい人です。

オン・オフの切り替えをして、明るく楽しく生きていける性格!
私は友人によく「毎日楽しそうだね」と言われます。楽しく過ごせるのは、全力で仕 事をし、休日や仕事終わりなどはタフに行動してオフの時間も全力で楽しんでいるか ら。仕事も遊びも無駄なく時間を使うことで、充実した毎日を楽しく過ごしています。

New Face 同期へのメッセージ 
臺谷くんの「」なところ

臺谷くん

臺谷くんは、とにかく明るくて周りを盛り上げてくれる人です!
同期先輩問わず率先してコミュニケーションを取っているところは、
尊敬してるし助けられている部分でもあります。
部署が違うので時間が合わせにくい同期が集結できる貴重な飲み会の場を
いつも設定してくれるので感謝しています!

馬場 春菜 2日間のスケジュール

①平和な1日

7:00 起床、準備
9:30 出社
デスクで作業。
システム上の番組情報を更新したり、購入番組のCMや番組告知の位置を決めたり、 各部署と連絡を取り合ったり・・・ルーティンの業務を行います。
13:00 ランチ
部署の先輩や同フロアの同期と会社近辺でランチ♪
15:30 部会
番組・トラフィック担当が集まって、テレビ大阪のタイムテーブルや自社制作番組内容について情報共有をします。
17:30 引き続きデスクで作業
午前中に引き続き、新たに系列局から更新された番組情報などを全社に発信しています。
19:00 終業
20:30 帰宅
家が遠いので、直帰して家族とテレビを見たり、くつろぐことが多いです。
24:00 就寝

②特別な1日【スポーツを生中継で放送する日】

7:00 起床、準備
9:30 出社
デスクで作業
全仏テニスや世界卓球を系列各局で放送する際、試合延長や雨天中止時などさまざまな事態に備えて事故無く放送できるよう事前に念入りな準備をします。 大会前はその資料作りやシステム入力に追われています。
13:00 ランチ
14:00 引き続きデスクで作業
19:00 スポーツ生中継放送開始
生中継番組が開始したら、マスター室(放送を送出するテレビ局の心臓部)で放送に立ち会い事故無く放送できているかを確認します。
延長時間が確定したら各部署に連絡・指示を出したり、後続番組の放送時間変更に伴う作業をしたりします。
23:00 放送が終了し、作業が終わり次第、終業
24:30 帰宅、翌日に備えて即座に就寝します。

New Face 同期へのメッセージ 
臺谷くんの「」なところ

臺谷くん

臺谷くんは、とにかく明るくて周りを盛り上げてくれる人です!
同期先輩問わず率先してコミュニケーションを取っているところは、
尊敬してるし助けられている部分でもあります。
部署が違うので時間が合わせにくい同期が集結できる貴重な飲み会の場を
いつも設定してくれるので感謝しています!

編成局・宣伝部 臺谷 将志

TVOを志望した理由は?

TVOの「こどものえがお応援団!!」といったCSR活動に強く惹かれ、地域社会へ貢献していくなかで、子どもたちに笑顔や気づきを届けたいと思い、志望しました。

TVOに入社して驚いたこと

宣伝部へ配属されて一か月ほどで、一人で番組担当に就くなど、一人ひとりの仕事の裁量が大きいことには驚きました。責任もありますが、やりがいを感じて働いています。

「なにわ淀川花火大会生中継2018」の記者会見の進行を務めた際に、笑い飯の哲夫さんから「雰囲気づくりが良かった」と褒めていただいていた話を後日聞いたときは、大変嬉しく、励みになりました。

宣伝部のお仕事とは?
その中で私はこんな仕事をしています。

① TVOのキャラクター「たこるくん」を活用した、放送局のプロモーション

② TVOで放送する各番組の認知度・視聴率向上に向けた宣伝展開

この2つがあります。そのなかで私は、YATAIフェス!の宣伝部ブース「たこるフェス」を担当。また、スタジオ収録やロケ現場に立ち会い、番組宣伝を目的とした広報写真の撮影や、各新聞やTV雑誌への担当番組の情報提供に務めています。

仕事でやりがいを感じること

担当番組のエンドロールに自分の名前が毎週流れていることは、責任を感じるとともに、番組に携われているやりがいを感じます。

また、YATAIフェス!で来場者の方から、「毎週見ているで!」と担当番組の感想を直接いただいたとき、とても嬉しい気持ちになりました。

仕事で失敗したこと

・宣伝部の倉庫の大掃除をした際に、編成局長の机にガンガンぶつかっていることに気づいていなかったこと。あとで集中できなかったと注意を受けました。

・週明けに掲載が予定されていた、連続ドラマの新聞広告の入稿締め切りを忘れてしまっていたこと。
関係各所にお願いして、なんとか手配できましたが...今後は締め切りには余裕を持って取り組みます。

私の「」なところはココ!

大学生の頃から先輩後輩問わず、「だいちゃん」と親しまれるキャラクターは、私の強みだと自負しています。また、昨年の夏には富士登山に挑戦、これまでにも屋久島の縄文杉完歩など、自分の目で見て肌で感じること"現場主義"がモットーです!

New Face 同期へのメッセージ 
鈴木くんの「」なところ

鈴木くん

THE スポーツ男子!のやさしさは、彼の魅力だと感じています。

チャーミングな笑顔(*‘∀‘)に癒されています◎

臺谷 将志 2日間のスケジュール

①平和な1日

8:00 起床
10:00 出社
・視聴率やメールなどの確認&前日から引き継いだ仕事をこなす
10:30 他部署との情報共有会議
・今後(概ね今月と翌月)の番組編成のスケジュールを確認
11:30 週末に放送予定の担当番組の情報掲載、会議の資料作成など
13:00 昼休憩
14:00 テレビ大阪HPでの翌週の推し番組の選定、担当番組の番宣CM素材の確認など
15:00 部会(宣伝部メンバーでの会議)
16:30 番宣CM素材のダウンロード&プレビューテレビ東京から毎日2回伝送される番宣CMの確認
18:00 退社
19:00 ジムでトレーニング
21:30 帰宅&夕食
22:30 テレビ番組チェックなど
24:00 就寝

②特別な1日

7:30 起床
9:00 新大阪駅から新幹線乗車
11:30 東京駅に到着
12:00 テレビ大阪東京支社へ出社
12:30 東京支社の先輩方と昼食
13:30 囲み取材の準備
14:00 収録スタジオに出発
14:30 スタジオ到着後、囲み取材の会場設営
16:00 「二代目 和風総本家 」収録立ち会い
19:40 収録終わりで囲み取材
20:10 取材記者の見送り、会場の撤収作業
21:20 最終電車で帰阪、新幹線で駅弁
24:00 帰宅
25:00 就寝

New Face 同期へのメッセージ 
鈴木くんの「」なところ

鈴木くん

THE スポーツ男子!のやさしさは、彼の魅力だと感じています。

チャーミングな笑顔(*‘∀‘)に癒されています◎

制作局東京制作部 生原敬太

東京制作部のお仕事とは?
その中で私はこんな仕事をしています。

その名の通り、“東京”でテレビ番組を“制作”している部署です。
テレビ大阪の社員だけではなく、制作会社所属やフリーランスの方など多くのスタッフと一緒に働いています。

ところで、「大阪の局なのに、なぜ東京で番組を作っている?」

と疑問に思う方も多いかもしれません。

テレビに出演するタレントさんの多くが東京で活動していることや、制作会社も東京に多くあることから、その利点を生かす為に、一部の番組は東京制作部が担当していたりするんです。

部内には、プロデューサー(P)・アシスタントプロデューサー(AP)・ディレクター (D)・アシスタントディレクター(AD)がおり、各々、異なる役割を全うしながら、協力して番組作りをしています。

そんな中で、私のメインの仕事は「二代目 和風総本家」のディレクターです。
簡単に言えば「面白いと思うネタの構成を考えて、ロケして、編集する仕事」です。
職人さんを紹介することの多い番組ですが、そのネタ探しはADが行なっています。
ADが必死になって探してきてくれた職人さんを少しでも面白いVTRに仕上げることこそディレクターの仕事。
その為に、面白そうなネタが挙がれば、すぐさまロケハンへ。
ロケハンとは、「ロケーションハンティング」の略で、要は下見です。 そこでは事前の情報を確認しつつ、それ以外にネタにできそうな内容がないかを探るため職人さんにじっくりと聞き込み、ロケ現場を隅々までチェックしていきます。
その内容を会社に持ち帰り、VTRの構成を熟考。
職人さんのVTRだった場合、「製造工程は順番に見せた方が良いのか」「どんなインタビューをすれば良いのか」「再現VTRがあった方が良いのか」…などなど、色~んなことを考えながら、構成を作っていきます。
そして、その構成を元に、実際のロケを行ないます。 しかし、ちょっとだけかっこいい言い方をすると「ロケは生き物」なので、想定通りにはいかないこともしばしば。
思いもよらぬことが撮れちゃうこともあれば、予定していたものが全然撮れないことも。
その場その場で、頭の中で構成を組み替えながら、ロケを進めていきます。
良いVTRを作るには、ロケを成功させることが絶対条件です!

ロケが終われば、編集。
1人で黙々とPCに向かい、編集していきます。
PC上で繋いだ映像に、編集所でテロップやナレーション、BGMがつけば、VTRが仕上がっていきます。
その後、完成したVTRをスタジオで出演者に見てもらい、収録したスタジオ部分を 編集に加えていけば、番組が完成し、世の中に発信されていくのです。

ざっと、ひとつの番組を仕上げるまでの、ディレクターの仕事はこんな感じです。
ひと言でいうと、とにかく楽しい仕事です!

同世代のスタッフと一緒に、ある種、学生のようなノリで、どうやったら面白くなるのか、何を撮れば興味をひけるかを本気で考え、番組作りをしています。
仕事が番組という形になって残りますし、取材先や視聴者からの反応もダイレクトに伝わってきます。

仕事の時間は不規則だし、視聴率も良いことばかりではありませんが、とてもやりがいのある仕事です。

また、「和風総本家」以外にも、放送作家さんの力を借りながら、新番組や特別番組の案を練り、企画書を作っています。
その企画書が認められれば、晴れて、プロデューサー! 時として、ディレクターよりもちょっとだけ裁量のある仕事もしています。

0から作り出した企画を世に出せるというのも、この仕事の大きな魅力だと思います!

仕事でやりがいを感じること

やはり、自分が取材し、編集した番組が、全国の視聴者に向けて放送されることに大きなやりがいを感じます。

「和風総本家」の場合、ほとんどの取材相手が一般の方です。

私たちは日常的に取材・撮影をしていますが、取材相手にとっては「一生に一度のテレビ取材」ということも少なくありません。

極端な話、放送をした結果、その人の人生を変えてしまうようなこともあります。

自己満足なんですが、そういった「知られていないのに、実はスゴい職人さん」や「テレビで放送されたことのないもの」を世の中に発信できるというのは、とっても良い仕事だなと思っています。

 

あと、放送中にSNSや掲示板をエゴサーチしていて、好意的なリアクションが書かれていたりした日には…、
嬉しくて、1人でほくそ笑んでしまったりします。

近い将来に仕事でチャレンジしたいこと、目指していること

年齢的にも中堅になってきて、「和風総本家」で一緒にADをしていたスタッフが、今では他局の人気番組を制作していたります。
ADという特殊な仕事の中で同じ釜の飯を食べていたので、今でも仲は良いですし、思い出話を始めたらキリがありません。
近い将来、自分が中心になって番組を立ち上げて、そういった苦楽をともにしたメンバーと、また一緒にテレビ大阪で番組作りをしたいな、と密かにたくらんでいます。

私の「」なところはココ!

あまり自信のあることはありませんが…
自分では、とにかく「真面目」なのは売りだと思っています。

番組制作という仕事は、人とは違う発想を持っていたり、独創的な才能が評価されることが多いと思うのですが、僕にはそんな才能がないので、できる仕事をコツコツ真面目にこなしています。
こうやって何も面白くない解答するあたりに、僕の「生真面目さ」を感じ取って貰えればと思います…。

生原 敬太 2日間のスケジュール

①平和な1日

9:00 起床~朝食~出勤準備
10:30 会社到着
会社の近くに住んでいるので、通勤はとても楽!
10:40 「二代目 和風総本家」打合せ
ネタや構成を決める会議に向けて、担当回のD・AD全員で最終打合せ
11:30 「二代目 和風総本家」会議
放送回ごとに、総合演出やプロデューサーも出席する会議が行なわれ、テーマに沿って内容の骨格を決めていく
13:30 昼食
会社近くでランチをするか、デスクでお弁当のことも多い
13:30 ロケハン
(ロケの下見&現地での準備確認)へ
ロケ地は、北海道から沖縄まで全国津々浦々(時には海外へも!)
ロケ地が地方の場合には、1日がかりでロケハンへ
18:00 帰社・打合せ
リサーチを進めていたADさんと打合せ。
20:00 退社~夕食
大好きな横浜DeNAベイスターズのナイター中継を見ながら、夕食を食べるのが、至福の時…
22:00 帰宅
帰宅後は、録画しておいた番組や気になる番組を観賞。テレビ好きなので、気付けば、深夜に
26:00 就寝

②特別な1日(「和風総本家」のスタジオ収録)

9:00 起床~朝食~出勤準備
収録の日は、「ユンケル」を飲んで、気合いを入れて出勤!
10:30 スタジオ入り
「二代目」になってスタジオリニューアル!
赤坂のスタジオで収録しています
11:00 技術打合せ
カメラマンや音声さんなどの「技術スタッフ」に、VTRの内容や、スタジオでの展開を説明。スタジオ台本に沿って、場面ごとに撮ってほしい画などの打合せをします
11:30 リハーサル・インサート撮影
実際の収録と同じようにスタッフを配置してリハーサル。
その他、出演者がいなくても撮影できるものを収録していきます。
13:00 昼食休憩
収録の楽しみ“弁当”を食らいます!
14:30 帰宅スタジオ収録1本目(フロアD)
スタジオ収録は基本的に2本撮り。
自分の担当以外の回では、出演者にカンペを出したり、 進行を指示する「フロアディレクター」を担当。
ADさんが頑張って作ってくれたカンペを一生懸命めくります!
17:30 スタジオ収録2本目(サブD卓)
自分が担当する回では、サブ(副調整室)のディレクター卓に座り、 スタッフ全体に指示を出しながら収録に臨みます。
同時に、自分が 編集をしやすいように、複数台あるカメラのスイッチングも担当。
19:30 OAに向けての打合せ
OAに向けて、「VTRのどこをカットするか、長くするか」や、「スタジオのどの部分を使うか」などを総合演出、プロデューサーと打合せ。
放送尺の都合で、泣く泣くカットしなければいけないこともしばしば。
20:00 撤収
21:00 帰社・軽く打ち上げ
スタジオ収録を終えたことで、とりあえずのひと区切り。
スタッフと会社近くで軽~く打ち上げをするのでした…。

報道スポーツ局報道部 川村 真也

報道スポーツ局報道部のお仕事とは?
その中で私はこんな仕事をしています。

報道部は日々放送されるニュースを作っています。
現場で取材した言葉と撮影した映像や音、それをどのように伝えるか。
「いち早く」「わかりやすく」伝えるのを念頭にしています。

また、ニュースだけでなく、特集・特番など幅広く番組を作っています。

報道部に共通しているのは、実際に起こっていることや、人を取材し、それを基に番組を作ることです。

仕事でやりがいを感じること

記者・スタジオでのディレクター・テロップの操作など、何らかの形でニュースには毎日関わっています。

自分の関わったニュースが放送され、その内容が良かったか、良くなかったか、色々な反応を実際に受けることができます。

ニュースを放送しない日はないので、やりがいを感じる事ができます。

しかし、反省点も毎日出てくるので、日々改善の繰り返しです。

近い将来に仕事でチャレンジしたいこと、目指していること

ドキュメンタリーの制作。ただいま挑戦中です。

私の「」なところはココ!

現場主義なところ。

実際に行ってみないと分からない。分からないなら行ってみる!

そこで聞いた話、見た現実を伝えるのが重要だと思います。

川村 真也 2日間のスケジュール

①平和な1日(本社勤務)

7:00 起床
子どもも起こして家族で朝食、
朝刊各紙のチェック
出勤の準備
8:30 会社へ出発
9:50 出勤、取材の準備
10:30 カメラクルーと取材へ向かう。
途中昼食を挟む。
取材後、原稿の作成
14:00 取材から戻る。原稿をチェック。編集へ
編集終わり次第、スタジオ業務へ
16:00 「やさしいニュース」リハーサル
16:44 ニュースOA
17:30 本番終了
反省会、翌日の予定会議を受け、翌日のリサーチ・準備
18:15 仕事終了
19:30 帰宅。晩ご飯、子どもを寝かせる。
20:00 録画している番組、他局のニュースや気になる番組をチェックする
22:00 入浴
23:00 就寝

②特別な1日(大阪府警本部記者クラブでの勤務)

6:30 起床
朝食、朝刊各紙のチェック
出勤の準備
7:30 家を出る
8:50 大阪府警本部到着。記者室へ
9:00 随時発生する事件事故などの内容を各警察署に聞き取り取材
捜査関係者への取材
13:00 大きな事件が発生。本社の上司に伝え、カメラ、記者を現場に出動要請
現場の記者と連絡を取り、現場状況、住民の声、当時の映像などを集めてもらい 放送に向けた原稿を作成
16:00 原稿の確定。本社の編集映像、テロップにミスが無い事を確認し、放送へ。
16:44 ニュースOA。事件事故発生に備え、取材体制を続ける。必要があれば速報する。
17:30 本番終了
夜のニュース用に取材したものを原稿化。
19:00 府警本部での仕事終了
20:20 帰宅。晩ご飯。
21:00 録画している番組、他局のニュースや気になる番組をチェックする
23:00 入浴
24:00 就寝

報道スポーツ局・スポーツ部 鈴木 晴大

TVOを志望した理由は?

人々をワクワクさせるようなことができる テレビ局であり、
大阪独自の文化にも触れられると思ったから

TVOに入社して驚いたこと

スポーツ部の部屋が狭い!
こんな人数でやっていけてるのかと思うくらい人が少ない

スポーツ部のお仕事とは?
その中で私はこんな仕事をしています。

①毎日のスポーツニュースの取材・制作

②スポーツ中継
(おもにプロ野球の阪神戦、 たまにモータースポーツやゴルフ、テニスも)

③スポーツドキュメンタリーの制作

その中でも私は、テレビ東京系列のスポーツニュース
『追跡LIVE!SPORTSウォッチャー』に向けたニュースを取材・制作しています。
野球中継ではスコアを書きながら、アナウンサーに必要な情報を 伝える仕事をしています。
鈴鹿10時間耐久レースで10時間ぶっ続けで中継するという過酷な仕事もさせて頂きました。私は放送席でレーシングカーがピットインする時間をひたすらチェックし ていました。
人数が少ない分、新人でも様々なスポーツを取材させて頂 けるのでとてもやりがいがあり、楽しく仕事ができています。

仕事でやりがいを感じること

大阪だけでなく、全国ネットの番組で自分が作ったニュースが放送されること。
また様々なスポーツを取材させて頂けるチャンスがあり、スポーツ好きにはたまりません。
スタンドよりも近いところで選手を見ることができるのは人生でもなかなか出来ない体験だなと思います。

仕事で失敗したこと

初めて長い尺でのニュースを作ったとき、デスクの方に 「全然見どころがわからない」と怒られたこと。
そこでただ得点シーンをつなげるだけではなく、試合の盛り上がったシーン をいかに視聴者にワクワクしてもらえるかが大事だと学ぶことが出来ました。もっと勉強してより良いニュースを作っていきたいです!

私の「」なところはココ!

スポーツ+農業=無限大!?

 

大学ではアメリカンフットボールに打ち込み、ランニングバックというポジションをしていました。4年時には大怪我をして、約3ヶ月の入院を経験しましたが、大学最後の試合で復帰することが出来ました。
その後打って変わって大学院ではダイズの研究をしていました。
草刈りや田植えや稲刈りなどまるで農家のような生活を送っていました。

このようなスポーツ、農業といったかけがえのない幅広い経験を活かして、今後の予測不可能なテレビの世界でも変化を楽しみながら社会に価値を与えていけるような人間になりたいです。

New Face 同期へのメッセージ 
山田さんの「」なところ

山田さん

チャーミングな笑顔とは裏腹に、誰にも臆せず発言できるところは強みだと思います。
是非その愛嬌を活かして活躍して欲しいです。

鈴木 晴大 2日間のスケジュール

①平和な1日

8:00 起床
10:30 出社
取材の準備
・昨日のOAチェック
・カメラなどの機材チェック
・スポーツ紙チェック
対戦チームや注目選手の成績をメモし、
試合の見どころを自分なりに考える
12:00 昼食
13:30 局発 甲子園球場へ
14:00 試合前練習
カメラで練習風景を撮影するだけでなく、球団広報や他局記者と情報収集など多くのコミュニケーションを図る時間選手と直接話して試合への意気込みや意識していることなど選手の生の情報が得られる!
18:00 プレーボール
20:00 試合展開を整理した上で原稿の構成案作成開始
21:00 (だいたい)試合終了、
・原稿を送りデスクと相談、構成を固めた上で局での編集開始
・試合後監督や選手に取材(原稿に取材で得た談話を活用)
22:30 帰局し編集チェック、
テレビ東京への伝送完了
後帰宅
24:00 番組オンエアチェック
(自分の書いた原稿が修正されていないか確認)
24:30 就寝

②特別な1日(野球中継の日@ナゴヤドーム)

7:00 起床
8:00 新幹線乗車 名古屋へ
12:00 球場近くのお店で昼食
13:00 中継準備開始
・制作技術スタッフ集まっての打ち合わせ
・放送席周りのセッティング
・グラウンドで球団広報や選手にあいさつ
16:30 夕方の「やさしいニュース」での生中継対応
17:30 スタメン発表→スタメン表配布
18:00 プレーボール
この日の任務は「スコア」。ただ野球のスコアをつけるだけでなく、放送中試合の展開を見ながらアナウンサーの隣で必要な情報を伝えていくことが大事!
日ごろの取材からスコアをアナウンサーが分かりやすいように作り、スコアから読み取れる 情報(ピッチャーの球数、初球の入り方など)を勉強しています。
21:00 (だいたい)試合終了
放送席を離れて球場通路近くのリポート席へ。リポーターにコメントを入れる適切なタイミングを伝える「リポートFD」の任務
22:00 放送終了
解説者へ挨拶・お見送りをした後すぐに撤収作業へ
23:00 全ての片付けが終わったら球場から宿泊先のホテルへ
スタッフでご飯を食べながら反省会!

New Face 同期へのメッセージ 
山田さんの「」なところ

山田さん

チャーミングな笑顔とは裏腹に、誰にも臆せず発言できるところは強みだと思います。
是非その愛嬌を活かして活躍して欲しいです。

技術局 制作技術部 方 辰

制作技術部のお仕事とは?
その中で私はこんな仕事をしています。

普段は「万事屋」、時々「TD」

平和な日には中継資料の作成、放送機材の導入、機械の修理対応など仕事の幅はとにかく広いです。

緊急事件、または野球などの中継がある日に、「TD」に変身します。「TD」とは Technical Directorの略称であります。技術責任者として、現場から本社までの映像音声の伝送回線を確保させ、カメラプランや必要な機材構成について計画・提案し、本番時は現場でのオペレートなどまとめ役です。

仕事でやりがいを感じること

自分が携わった番組(「やさしいニュース」の金ドコ中継など)の視聴率が前日よりちょい上がるとき。例え視聴率がたった0.1パーセント上がったとしても、自分の努力でより多くの人に見てもらえる、そう考えると、自然にやる気が出てきました。

近い将来に仕事でチャレンジしたいこと、目指していること

「テレビ × ICT」の可能性を掘り下げること

放送の信頼性とネットの利便性を有効利用し、両者を上手く融合させれば、 面白い新ビジネスの創生ができると思います。

私の「」なところはココ!

「熱心&冷静」

 

普段に放送機器展覧会、技術勉強会などに積極に参加し、情報収集して、今後の中継で使えそうな機材と技術を考えます。

生中継中、特に何らかのトラブルが発生した時に、落ち着いて状況を把握してから解決します。

ざっくり見たら対義の言葉ですが、それは制作技術の流儀、そして私の◎です。

方 辰 2日間のスケジュール

①平和な1日

9:00 起床
10:00 出社、前日の視聴率チェック、メール返信
12:30 ランチタイム、同僚と天満橋を中心にB級グルメ巡り
13:30 中継準備、機材の修理対応
16:44 ニュースの時間、モニターでオンエア監視
18:00 あっ、今日はNo残業DAYだ!よし、退勤
18:30 牛丼屋でパワー補充。音楽スタジオへ向かい
19:00 バンドメンバーと合流、2時間合同練習
21:00 練習後、メンバーと仲良し飲み会
23:00 帰宅、気になるコンテンツの視聴
(テレビ、VOD、本、音楽、なんでも)
25:00 就寝

②特別な1日(プロ野球中継がある日)

8:00 起床
9:00 夜にプロ野球中継があるから、いざ、甲子園へ!
11:00 甲子園→TVO本社の伝送回線架設
12:30 軽食
14:30 技術打ち合わせ
16:00 映像音声チェック、リハーサル
18:00 プレーボール
弁当を食べないと、、、
18:55 オンエア開始、常に回線状況を監視
20:54 オンエア終了、回線を切断
23:00 撤収完了、帰社
24:00 機材整理と報告メール作成、帰宅
25:00 軽くオンエアをチェック、明日まだ仕事があるので、寝よう

PAGETOP