TXN ザ・ドキュメンタリー

まだ救える ~小児救急医 いのちの記録

「テレビ大阪」3月12日(日)午後4:30~5:00 「テレビ東京」3月19日(日)深夜3:05~3:35

”あきらめない”小児救急医

世界一の長寿国、日本。しかし1歳~4歳の死亡率は先進国の中で
突出して高いことはあまり知られていない。
原因は事故や子供特有の病気の急変がある。素早い救命措置が
必要だが、現在の日本の救急医療体制では十分カバーできていない。
この問題に真っ向から挑み、幼い命を救うべく立ち上がった
1人の小児救急医。若手ドクターの挑戦に密着する。

幼い命を救うこと。

小児科の専門医資格を持つ救急医は日本ではわずか1%、
37歳の野澤正寛はそのひとりだ。野澤医師が勤める済生会滋賀県病院には、
一昨年滋賀県で唯一ドクターヘリが配備された。
救急要請のうち患者が子供の場合は、野澤医師が優先的に出動する。
彼が挑むのは日本の救急医療体制でカバーできていない幼い命を救うこと。

幼い命を救うこと。 イメージ

小児医療の現状と問題点

実は救急医であっても、子供の処置は苦手という医師は多い。
子供特有の病気の知識が十分でない上、大人と比べ繊細な子供の扱いに
慣れていないからだ。小児科医の枠を越え、救命措置を必要とする子供を
助けるために、日々現場へ急行する野澤医師。彼はなぜ小児救急医を
目指したのか。日本の小児救急をどう変えようとしているのか、
取材から見えてきた、小児救急医療の現状と問題点を描く。

小児医療の現状と問題点
豊原 功補さん

ナレーター豊原 功補さんプロフィール

1965年生まれ、東京都出身2007年映画「受験のシンデレラ」でモナコ国際映画祭、最優秀主演男優賞を受賞。
映画「新宿スワン」「寄生獣」、ドラマ「Shef」「遺産相続弁護士 柿崎真一」など、映画やドラマを中心に活躍中。
今年5月には自身初の企画・脚本・演出・主演の4役を務める舞台「名人長二」に挑む。