7月15日(月㊗)午前10:00

ますます盛り上がりを見せるeスポーツ!

ゲーム?スポーツ?知っているようで知らないeスポーツの世界!

ますます盛り上がりを見せるeスポーツ! ゲーム?スポーツ?知っているようで知らない
eスポーツの世界!

7月13日の産経新聞

7月13日の産経新聞朝刊で
「関西ブロック大会の紹介記事」が掲載されました
※大阪セット版エリアの産経新聞での掲載 こちらからダウンロード

With e sports  eスポーツとは?

eスポーツとは?

e-sportsとは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、
広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦を スポーツ競技として捉える際の名称。

現在では世界での競技人口は7000万人以上、一説には9000万人とも言われていて、
これは世界のゴルフ人口6500万人よりも多いとされている。
世界のeスポーツ市場規模は700億円!
市場規模は年々増加傾向にあり、2017年から2018年にかけては増加率33%と驚異的な数字に。

本格的な「スポーツ」として、国際競争力を持つジャンルに! 本格的な「スポーツ」として、国際競争力を持つジャンルに!

2018年に開かれたアジア大会ジャカルタでは、デモンストレーション競技として
eスポーツが採用され、「ウイニングイレブン」では、日本人選手が金メダルを獲得!
2019年のいきいき茨城ゆめ国体では、正式種目として採用され、
全国初の都道府県対抗のeスポーツ選手権が行われる!
さらに2024年パリ五輪では、正式種目としての採用が進められている!

他のスポーツ同様、eスポーツで
金メダルを獲得できる日は、そう遠くない!

今ここに、
eスポーツに青春をかける高校生たちがいる!!

eスポーツに青春をかける高校生たち

彼らが挑んだ戦い。
それは
STAGE:0(ステージゼロ)
関西ブロック代表決定戦

STAGE:0(ステージゼロ)

STAGE:0 (ステージゼロ)とは?

STAGE:0
(ステージゼロ)とは?

STAGE:0 (ステージゼロ)とは?

eスポーツの中でも、記憶、集中、認識、計算、反射神経、
状況判断、空間認識等を必要とするタイトル、
いわゆる「BRAINスポーツ」をテーマに、
日本中の高校生が集い、チームを組んで競い合う大会。
eスポーツ=脳スポーツと捉えて、自分の脳力を活かしながら、
仲間同士で助け合い、励まし合い、勝利を目指す。

高校対抗の全国最大級の大会のため「eスポーツ甲子園」との異名も!
世界を驚かせる存在である高校生の登場に、注目が集まっている。

大会へエントリーする高校生たちの
"日常"と"目標"に密着!

大会へエントリーする高校生たち

彼らはeスポーツに一体何を見据えて、どんな日常生活を送っているのか?
ともに出場するメンバーとのチームワークを高めているのか?
チームメイトとの「絆」の深さは?
eスポーツにかける高校生の姿、彼らの熱き思いや取り組む姿勢に
宇都宮まきがレポートします。

練習方法は?将来の夢は?親の反応は? 宇都宮まき
練習方法は?将来の夢は?親の反応は?

エントリー条件

参加条件は、同じ高校在学中であること。

3人一組 or 5人1組

オンライン予選も行われる中、
代表決定戦はオフラインによる「直接対決」。

密着するゲームのタイトル

「クラッシュ・ロワイヤル」

「クラッシュ・ロワイヤル」

© 2016-2019 Supercell Oy. All rights reserved. SUPERCELL and CLASH ROYALE are trademarks of Supercell Oy.

キャラクターのカードを 駆使して、
自分のタワーを 守りつつ敵のタワーを攻める、
戦略性の高いリアルタイム対戦型ゲーム。

「リーグ・オブ・レジェンド」

「リーグ・オブ・レジェンド」

© 2019 Riot Games, Inc. All rights reserved.

競技人口は1億人。世界で最も競技人口が多いと言われる対戦型オンラインゲーム。
仲間と協力して、相手陣地にあるターゲットを破壊する。チェスや将棋と言った、相手との駆け引きも重要な要素に。

eスポーツにかける青春~脳力新世代 高校生の素顔~ eスポーツにかける青春~脳力新世代 高校生の素顔~7月15日(月㊗)午前10:00

TOP