やさしいニュース

銀行員 顧客の口座から1億7000万円着服

関西アーバン銀行は34歳の男性行員が顧客の預金約1億7000万円着服していたと発表しました。男性行員は2013年9月から今年4月にかけて勤務していた生野支店と寝屋川支店で、顧客の口座から73回にわたり、現金を引き出していました。着服していた金は競馬などにあてていたということです。関西アーバン銀行は男性行員を懲戒解雇処分にしました。

大阪・関西のニュース