やさしいニュース

高校球児たちの夢 3代目「深紅の大優勝旗」

高校球児たちがあこがれる「あるもの」がお披露目されました。

夏の甲子園を熱くさせる、全国高校野球選手権大会が
ことし100回の節目を向かえるにあたり
27日にお披露目されたのは、新調された真っ赤に染まった優勝旗です。

去年4月から、1年2ヶ月の期間を経て、制作費およそ1200万円を
かけて作られました。

【日本高野連 八田英二会長】
「伝統の重みをまとった優勝旗が、引き継がれていくことを
切に願います」

高校球児たちが、夢の舞台「甲子園」で頂点を目指す
熱い夏の戦いは8月5日に初日を迎えます。

大阪・関西のニュース