やさしいニュース

1歳男児を車内に放置死 母親「熱中症の危険 思わなかった」

一歳の長男を車内に置き去りにして死なせた母親。
初公判で「故意ではなかった」と否認しました

母親の鈴木玲奈被告はおととし4月、
元同居相手の男とラブホテルに滞在するため
当時1歳の長男・琉聖くんと3歳の姉を10時間以上も
車に置き去りにし、琉聖くんを熱中症で死亡させ、
遺体をクーラーボックスに捨てたとして
保護責任者遺棄致死などの罪に問われています
3日に開かれた初公判で鈴木被告は、
遺体を棄てたことは認めたものの、
子どもを放置して死なせたことについては
「熱中症の危険があるとは 思わずに車を離れた」
と起訴内容を一部否認しました

検察側は、子どもを何度も車に置き去りにしており
「熱中症の危険も分かっていた」と指摘しました

大阪・関西のニュース