やさしいニュース

災害級大雨 最大限の警戒を

激しい雨が各地で猛威を振るっています。

 

未明から降り続く大雨によって大阪や京都の河川が増水しています。

土砂災害の危険が高まったとして午後4時現在、大阪・茨木市、箕面市のほか

京都市や神戸市の一部の地域で避難指示が出ています。

また、大阪、京都、兵庫の3府県で合わせておよそ7万3000世帯

16万人以上を対象に避難勧告が出されています。

早朝から避難勧告が出ていた豊中市では…

 

【市役所の職員】

「上流からの水が瓦礫で阻害されているので」

 

崩落の危険があり危険宅地に指定された家は…

 

【辻記者リポ】

「取り壊し家屋から家財が出されています」

一方、神戸市内にある神戸大学の敷地内でも…

 

【辻記者リポ】

「通路が一部落ちて土砂が窓際まで迫っています」

【男子学生】

「山の上の大学なのでこわい」

 

神戸市中央区でも土砂崩れが。

 

【住民】

「昔もこのあたりで大規模な土砂崩れがおきた」

 

またきょう午後には気象台が異例の会見を開きました


【大阪管区気象台・岸本 賢司 予報課長】

「記録的な大雨になる可能性があるので、どこで大雨特別警報が出てもおかしくないような状況」

「できれば、避難所にこの期間は避難をしていただきたい」

 

台風発生時に開く説明会を大雨に関して開くのは極めて異例とのことで

気象台は特別な警戒を呼びかけています。

 

大雨は続いています。危険な区域には近づかず早めの対処を心がけてください。

大阪・関西のニュース