やさしいニュース

三田監禁 三田市が会見「支援手続き優先させた」

障害のある42歳の男性が長期間自宅のおりの中に監禁されていた事件。

対応にあたった三田市が会見を開きました。

市によりますとことし1月,職員が自宅を訪問した際

虐待が疑われる状況があったため、男性を保護し施設に入所させたということです。

警察に相談するまでに1カ月以上時間がかかったことについては

「男性の健康状態に問題がなく支援手続きを優先させたため」

と説明しました。

また、およそ25年前にも父親から相談を受けていましたが

相談記録は残っていないとしています。

大阪・関西のニュース