やさしいニュース

松本智津夫死刑囚ら7人の死刑執行

13人の死者を出した地下鉄サリン事件など、
社会を震撼させたオウム真理教。
6日、元幹部らの死刑が初めて執行されました

死刑が執行されたのはオウム真理教の松本智津夫死刑囚ら
幹部7人です

【高島記者レポート】
「大阪拘置所の上空です。中は閑散としていますが、
入り口には多くの報道陣がいます」

7人のうち、大阪拘置所では事前に移送されていた
井上嘉弘死刑囚と新実智光死刑囚の刑が執行されました。

松本死刑囚らは1989年、坂本堤弁護士一家3人殺害事件や
1995年に地下鉄サリン事件などを起こし、
教団が関わった事件の犠牲者は29人に上りました。

しかし、松本死刑囚は裁判途中から沈黙し、
事件の詳細を語りませんでした。

【街頭インタビュー】
「ビックリしています」
「とうとう執行されたな~って感じ。
多くの人を殺したから死刑は仕方ない」
「もっと語って色んなことが明確になるべきだった」

オウム真理教から名前を変えた後継団体
「アレフ」の拠点がある大阪・生野区には
近藤記者がいます

はい、こちらの施設には6日の正午前に、
公安調査庁の職員が立ち入り調査に入りました

公安調査庁の調査は松本死刑囚らの死刑執行を受け
団体に与える影響や、活動の実態を迅速に把握するためで
およそ3時間ほど行われました。

近隣の住民によりますと、こちらの施設には普段から
複数の信者が出入りしてしているということですが、
きょうは信者の出入りなどは確認できず、
いまのところ目立った混乱はありません。

しかし、住民の一人は 
「何があるかわからないので不安だ」と
心配そうに話していました。

大阪・関西のニュース