やさしいニュース

iPS細胞でパーキンソン病治療へ 

難病のパーキンソン病に、iPS細胞で「世界初」の治療です

【京都大学iPS細胞研究所 高橋淳教授】

「先人達のいろんな思いがつまった治験」

京都大学の高橋淳教授は、iPS細胞から作った細胞を
パーキンソン病の患者に移植する、世界初の臨床試験を
始めると発表しました。

パーキンソン病は、脳内で神経伝達物質ドーパミンを
作り出す神経細胞が減少し、手足の震えや体がこわばる難病で、
根本的な治療法はなく、国内に16万人ほどの患者がいます。

移植手術は、頭蓋骨内にiPS細胞から作られた
ドーパミンをつくる細胞を注入するもので、
その後、2年ほど経過を観察するということです

大阪・関西のニュース