やさしいニュース

北大阪大会決勝 甲子園出場を決めたのは・・・ 

台風の影響で順延となった北大阪大会の決勝。
序盤からの猛攻で甲子園出場を決めたのは?

全国高校野球選手権大会・北大阪大会の決勝。
史上初となる2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭と
初の夏の甲子園出場を目指す大阪学院大高校の対決。

大阪桐蔭は序盤からの猛攻で、5回終わって10点のリード

一方、大阪学院も6回表に小松のタイムリーヒットで
2点を奪いますが、その裏、大阪桐蔭の攻撃。

4番藤原のホームランなど11連打、
打者一巡で13点の大量得点を奪い引き離します。

大阪大会決勝では最多得点となる23点をとった大阪桐蔭が、
2年連続10回目となる甲子園への切符を手にしました。

大阪・関西のニュース