やさしいニュース

大仏さま夏にスッキリと

奈良・東大寺では夏の恒例行事「おみ拭い」が行われました。

午前7時、大仏さまの魂を抜く法要が営まれたあと、
白装束の僧侶ら約180人が大仏さまの上にのぼり
ほうきやはたきを使って1年分のホコリを払い落としました。
おみ拭いは毎年8月7日の立秋にあわせて行われ、大仏さまは黒い輝きを取り戻しお盆を迎えます。

一方、六甲山では秋の七草が咲き始めました。
海抜865mにある植物園では市街地よりも気温が5度ほど低く
肌に当たる風もヒンヤリと…
訪れた人々は、ひと足早い秋の訪れを楽しんでいました。
【協力】奈良テレビ

大阪・関西のニュース