やさしいニュース

鍋パーティーで集団暴行 起訴内容を一部否認

鍋パーティ中に、知人男性を集団で暴行したとされる
事件の裁判で、被告の女らは暴力行為を一部否認しました

田中美智子被告ら3人は、今年3月、大阪茨木市の住宅で
鍋パーティ中に知人の岡林昌法さんの頭を何度も踏みつけ、
熱湯をかけるなどの暴行を加えて、大ケガを負わせたというものです。

きょうの初公判で田中被告は
「共謀はしていない頭を蹴っていない」と暴行の一部を否認しました。

一方、検察側は冒頭陳述で
「田中被告らは日頃から繰り返し暴行していた」などと主張しました。

大阪・関西のニュース