やさしいニュース

iPSで「自己輸血」計画

輸血革命にむけた第1歩です。
人工的につくられた血液を、実際の患者に投与する
世界で初めての計画が国に届けられました。

出血をとめる血小板などがうまく作れない難病、
「再生不良性貧血」の患者に対し、
iPS細胞の技術でつくった人工血小板を輸血する
臨床研究の実施を京都大学の研究チームらが
厚生労働省に申請したと明らかにしました。

今回、対象となるのは輸血した血小板を
異物とみなしてしまい、輸血治療ができない患者です。

患者自身のiPS細胞から血小板を育て、
複数回投与し安全性を確認します

【iPS細胞研究所 江藤浩之教授】
「私たちが知っている情報の中では、(人工血液の)
人に対しての使用は世界ではじめて」

人工血液のベンチャー企業も生まれていて
実用化が目前に迫っています。

大阪・関西のニュース