やさしいニュース

違法な長時間労働疑い 準大手ゼネコン社員らを書類送検

大阪労働局は21日、工事現場の作業員に労使協定で定めた時間を越えて時間外労働をさせたとして、

法人としての準大手ゼネコン「フジタ」とその従業員2人を労働基準法違反の疑いで書類送検しました。

大阪労働局によりますとフジタの大阪支店などに勤める社員は
去年2月、茨木市内の倉庫の工事にあたっていた作業員4人に対し
労使協定で定めたひと月100時間を大幅に超える最大178時間の時間外労働をさせていました。
フジタは労働基準監督署からたびたび是正勧告を受けていたにもかかわらず、
作業員にサービス残業を続けさせていたということです。

大阪・関西のニュース