やさしいニュース

富田林逃走 監視緩い警察官を見極め逃走か

男が逃走のタイミングを見極めていた可能性が出てきました。

富田林警察署から樋田淳也容疑者が逃走した事件で、
樋田容疑者が、勾留されていた留置場から手書きのメモが
見つかっていたことが分かりました。

捜査関係者によりますと、メモはカレンダー形式で
日付ごとに当直する警察官の名前が書かれており、
一部の警察官には印がつけられていたということです。

警察は 樋田容疑者が監視の緩い日を狙って
逃走した可能性があるとみて調べています。

留置場の点検を適切に行っていれば、メモを事前に
発見することは可能で、大阪府警の管理体制に
問題があったとみられます。

大阪・関西のニュース