やさしいニュース

台風21号から1週間、関空 今月中にも鉄道が復旧

関西に台風21号が上陸してから1週間がたちました。
被害を受けた関西空港などでは
復旧への道筋が見えてきました

台風21号の影響で起きたコンテナ火災。
6日間にわたって燃え続け、ようやくほぼ消し止められました。
神戸市消防局によりますと、コンテナの倒壊で
近づけなかったことや、コンテナ内には化学物質があり
水による発火の恐れがあったため、消火活動が
難航したということです。

一方、きょうの関西国際空港。

第二ターミナルでは運航が再開されていますが、
多くの航空会社が利用する
第一ターミナルでは停電が続いています。
きょう報道陣に公開されたのは
停電の原因となっている電源設備。
今月14日の再開に向け復旧作業が続いています。

現在の空港の状況を海から見てみると
高潮の影響で護岸は壊れているのが
わかります。

さらに…

国土交通省によると、
タンカーがぶつかった連絡橋は、明日から橋げたの
撤去工事を開始できるということで、
今月中にも鉄道が復旧する見通しです。

 

 

大阪・関西のニュース