やさしいニュース

ふるさと納税規制 泉佐野市が総務省に反論

ふるさと納税の返礼品が豪華すぎるとして総務省から名指しで批判を受けている
大阪泉佐野市。きょう東京で反論の記者会見を行いました。

泉佐野市 八島副市長

【総務省が一方的な条件を押し付けつけていると理解せざえるえない】

東京都内で、会見を開いた泉佐野市。反論のきっかけとなったのは
ある会見です。

野田総務大臣
【本来の趣旨とは違う。地元に関わりのない高額商品を提供することで多額の

寄付を求めるというのが非常に顕著になってきた】

ふるさと納税とは応援したい地方自治体に寄付をする制度です。
寄付をすると2000円を引いた額が住民税や所得税から控除される上、
地元の特産品などの返礼品がもらえる仕組みです。
返礼品をめぐり、総務省は豪華な返礼品で多額の寄付を集めるケースが     増えていることから返礼品の調達価格を寄付の3割以下に          抑えるなどの通達を出してきました。

なかでも去年、全国一の寄付を集めた泉佐野市に対し
総務省は、返礼品の割合が5割を超えているとして名指しで批判しているのです。
野田総務大臣
【泉佐野市においても真摯に受け止めて頂いて一日も早く、必要な見直しを】

大阪・関西のニュース