やさしいニュース

災害時に役立つSNSの使い方は?

ライン、ウェザーニュース、スペクティの3社が、台風や大地震のときSNSをどう使えばいいのかを意見発表するセミナーが大阪市北区で開かれた。会場では、ラインが熊本地震のときに写真などで避難所の情報をボランティア間で素早く共有した事例を紹介したほか、防災科学技術研究所とのコラボレーションで、災害発生からすぐに自治体などへ被害状況が把握できる情報システムを開発していると報告。実現すれば精度の高い避難指示、避難情報などが出せるという。

大阪・関西のニュース