やさしいニュース

百貨店5社がお中元・お歳暮の配送料金で談合

百貨店の配送料金を巡り、公正取引委員会が”待った”をかけました

公正取引委員会が、再発防止を求める命令を出したのは
近畿地区を中心に展開する、高島屋、阪急阪神、近鉄京阪、そごう・西武の
5社の百貨店です。

5社は2015年に協定を結び、店舗で販売するお中元やお歳暮などの配送料を
2016年以降そろって100円ずつ値上げをした疑いが持たれていました。

公正取引委員会は、独占禁止法に違反しているとして、
5社にあわせておよそ1億9千万円の課徴金を納付する命令を出しました。

5社は「厳粛に受け止め再発防止に取り組む」としています。

大阪・関西のニュース