やさしいニュース

楽しく冷や汗!? 高齢者の死亡事故を減らせ

子どもたちが、夢中になって楽しむお祭り。
実は死亡事故を防ぐためのイベントでした。

ボタンを押して楽しく遊ぶ子どもたち。

【隅田恭子記者リポート】
「子どもたちが夢中になっているこちらのゲーム。
実はブレーキ捜査の反射神経年齢を測定するもので
主に高齢者むけのものなんだそうです」

大阪府警では毎年、秋から冬にかけて
交通死亡事故が増えることから、
今年はじめて、啓発イベントを開きました。

ブレーキの反射神経年齢を、アラフォー記者が測定してみると…

結果は、51歳・・・

運転に過信がある人には、冷や汗物の体験や
最新のサポートカーの試乗もありました。

大阪府警は、こうした取り組みで死亡事故を去年より
10人ほど減らしたい考えです。

大阪・関西のニュース