やさしいニュース

阪神・金本監督 今季限りの辞任を表明

11日午前、報道各社に入った阪神球団からの突然の連絡_

詰め掛けた報道陣に対し金本知憲監督自ら今シーズン限りでの監督辞任を発表しました。

金本監督は2015年にタイガースの改革を託されチームを指揮し、

2年目は2位に躍進しましたが今季は若手選手の伸び悩みなど苦戦が続き、17年ぶりのリーグ最下位が確定しました。

10日の甲子園球場での最終戦の後、金本監督は自ら辞任を申し入れ、球団からは慰留されたといいます。

報道陣から後悔はしていないかと問われた金本監督は
「やり残したことはたくさんあるが、結果が全ての世界」と悔しさをにじませながらも責任をとるべきだと語りました。

大阪・関西のニュース