やさしいニュース

国産で初 オーストラリアへ柿の輸出始まる

生産量日本一の和歌山県産の生柿が国産柿としては初めてオーストラリアに輸出されます。

和歌山が誇る秋の味覚・柿_ 今年は夏場に雨が少なく暑かったことから味が濃く甘い柿に育ったといいます。

和歌山県・橋本市では11日からオーストラリアへの柿の輸出が始まりました。

オーストラリアは植物の検疫が厳しい国として知られていますが、

ことし1月に産地での害虫対策などが十分になされているとして検疫条件が緩和されました。

【JA和歌山・塚本毅樹理事長】「品質には自信があります」

今回、およそ1トンの柿が船や飛行機でオーストラリアに送られ
来月中旬に現地のスーパーなどで販売される予定です。

大阪・関西のニュース