やさしいニュース

六甲山でゲレンデの雪作りはじまる

神戸市灘区の六甲山では人工スキー場の雪作りが始まりました。

18日から毎日、氷の板をつくり1日に240トンもの雪を24時間体制で敷き詰めていきます。
長さ260メートルのゲレンデを真っ白に染めるのに一ヶ月かかるということです。

六甲山スノーパークは関西では一番早く11月17日からスキーや雪遊びを楽しむことができます。

 

 

大阪・関西のニュース