やさしいニュース

仁徳天皇陵 初の合同発掘調査始まる

宮内庁は23日「仁徳天皇陵」として管理する
日本最大の前方後円墳・大山古墳について
堺市と共同で発掘調査を始めました。

宮内庁が自治体と共同で古墳の発掘調査をするのは今回が初めてです。

【宮内庁担当者】
「堺市は気心の知れたみなさんなので良い調査結果につなげたい」

23日の調査は宮内庁と堺市の職員、さらに民間の測量業者ら計10人が古墳に入り、
発掘する位置などを下見しました。

調査は12月上旬まで行われ2つある堤のうち
内側の堤の一部を掘って堀の水や雨風による浸食具合などを調べます。

大阪・関西のニュース