やさしいニュース

住之江で緊縛強盗 被害者が当時の状況を語る

15日の夜、ベトナム人女性ら2人が住む市営住宅に
刃物を持った男が押し入り現金を奪って今も逃走中です。
被害にあったベトナム人の女性が当時の状況を語りました。

【被害者 フィン・フゥン・タオさん(24)】
「私の名前を呼ばれたので、私のことをしっているかなと思ってドアを開けた。全然知らない人。怖かったです。」

ベトナム人のフィンさんが強盗の被害にあったのはきのう午後9時ごろ。
日本人の同僚女性と暮らす大阪・住之江区の市営住宅に刃物を持った男が
押し入ってきたといいます。

【被害者 フィン・フゥン・タオさん(24)】
「ベトナム語だったので大丈夫かなと思って・・・
「かばんからこんな感じで(包丁を出した)」

男は帽子をかぶりマスクをしており、流暢なベトナム語を話していたということです。
フィンさんと帰宅した同僚の女性は結束バンドで縛られ、現金およそ12万円や
キャッシュカードなどを奪われており、警察が行方を追っています。
逃げた男は身長165センチから170センチ、グレーの長袖シャツを
着ていたということです

大阪・関西のニュース