やさしいニュース

100年前の電気自動車が京都を走る

およそ100年前に作られた電機自動車が京都の町を駆け抜けました。

まるでシルクハットのような特徴的な形をしたこちらの車。
およそ100年前にアメリカから輸入された電気自動車です。

所有するのは京都に本社がある電池メーカーのGSユアサ。

長年展示品として保管していましたが、9年前に社内のプロジェクトで
運転ができるように直しました。

【見学にきた客】

「馬車みたいでかっこいい。電気で走るなんてたいしたもんだ」

きょうは先週から開かれているクラシックカーレースの
ゴールを祝うために特別に走行する様子が披露されました。

【GSユアサ 広報・IR室 青木裕室長】
「電気自動車の第1ブームでアメリカから輸入した。100年前の電気自動車ということで、皆さんに楽しんでもらいたい」

大阪・関西のニュース