やさしいニュース

「組織罰」の実現を!大臣に直訴

大きな事故が起きた際、企業に対して刑事責任を問う「組織罰」
日本にはまだないこの制度の法制化を求めて市民団体が直訴です

法務省を訪れたのはJR福知山線脱線事故と
山梨県の笹子トンネル崩落事故などの遺族で作るメンバーです。

2005年に起きたJRの脱線事故では
運転士と乗客106人が亡くなりましたが
JR西日本の歴代3社長は業務上過失致死傷の
罪に問われたものの去年までに無罪が
確定しています
遺族らは
「これほどの大事故で誰も処罰されないのはおかしい」として
およそ1万3千人分の署名を集め山下法務大臣に提出、
「組織罰」を定めるよう求めました

【笹子事故・松本さん】
「組織罰を導入することで私たちのような悲しみを味わう遺族がでないように、それが一番大きな願い」

大阪・関西のニュース