やさしいニュース

48日間逃亡で富田林署長に懲戒処分

富田林警察署から容疑者が
48日間逃げた事件、
大阪府警は、きょう署長らに対する
懲戒処分を発表しました。

大阪府警はきょう、富田林警察署の
署長などを3カ月間一割の減給、
ほか6人を減給などの懲戒処分にしました。
この事件は今年8月、
富田林警察署に留置中だった樋田被告が
面会室で弁護士と会った後、
間仕切りの隙間から逃げたものです。
その際
面会室の出入りを
知らせるブザーの電池が抜かれていたことや
間仕切りの点検がされていなかったなど
ずさんな管理が次々と発覚しました。
大阪府警は今後」
「再発防止策を徹底する」などとしています。

大阪・関西のニュース