やさしいニュース

ノーベル賞受賞者の新LED

2014年に青い光を放つLEDで、ノーベル物理学賞を受賞した中村修二さん。
新たな光を生み出しました。

【中村修二さん】
「青色(LED)でノーベル賞もらいましたけど、青色(LED)は駄目なんですよ」

中村修二さんが新しく開発したという電球。

奈良県の南都銀行の応接室に採用されました。
一見、なんの変哲もありませんが「目にやさしい」といいます。

現在、主流のLEDは、青色のLEDチップを使っていますが、
新製品は紫色のLEDになっています。
これにより、目の疲れや睡眠への悪影響が心配されるブルーライトを
大幅に減らすことができるようになりました。

【中村修二さん】
「究極の光源。普及してほしい」

大阪・関西のニュース