やさしいニュース

寝屋川中1生殺害、母親が証人に

3年前
寝屋川の中学1年生2人を殺害したとして殺人の罪に
問われた男の裁判員裁判。被害者の母親が語った言葉とは・・

この事件は

2015年8月に寝屋川市の中学1年生平田奈津美さんと
星野凌斗くんの首を圧迫するなどし、窒息死させたとして、
山田浩二被告が殺人の罪に問われているものです。

これまでに山田被告は
「殺すつもりはなかった」などと起訴内容を否認し、争う姿勢を見せています

きょうの裁判では被害者2人の母親が
別室からの証人尋問に応じました。

平田さんの母親は奈津美さんについて
優しい子で母の日にも気遣いをしてくれたと
述べました。
山田被告については
「あの男は最低。
人間じゃない。」と述べました

また星野君の母親は星野君の遺体について、
「やっと帰ってきてくれて安心したけど、私が望んでいた結果じゃない」と
声を詰まらせながら語りました。

大阪・関西のニュース