やさしいニュース

港区で戦前の水道管が破裂

6日午前大阪市港区・天保山付近の道路で水道管が破裂し水が溢れていると110番通報がありました。

破裂の原因は経年劣化、つまり古くなったことによるもので、昭和20年ごろに設置されたものだといいます。

大阪市水道局によりますと市内の水道管およそ5,200kmのうち、半数近くが国が定める耐用年数を超えています。

水道局では年に70kmのペースで取り替え作業を進めていますが年間150件近い水漏れ事故が起きるなど対策が追いついていません。

大阪・関西のニュース